#06 納豆

食事のアドバイス

「畑の肉」と呼ばれる納豆!

 

納豆には、私たちが健康を維持するために

必要不可欠な5大栄養素(たんぱく質、脂質、

炭水化物、ビタミン、ミネラル)がすべて

含まれています。

また、第6の栄養素と言われる食物繊維も

豊富に含まれているので、バランスのとれた

食生活の助けになります!

 

■代表的なたんぱく質

たんぱく質は体を作るのにかかせない栄養素で、

筋肉だけではなく、内臓、皮膚、血液の細胞、

遺伝子、ホルモン、酵素などの主原料となります。

体が必要とするアミノ酸のなかには、ヒトが体内で

合成できないものが9種類あり、これらは

食事によって取り込まなければなりません。

 

この9種類のアミノ酸は「必須アミノ酸」と呼ばれ、

納豆には「必須アミノ酸」がバランスよく

含まれています。

多くのトップアスリートが好んで食べているのは

このためです。

 

■注目されているビタミンK2

納豆に特に多く含まれるビタミンで、

カルシウムを骨に吸着させる働きがあり、

骨を強くして、骨折予防にも効果があります!

また、怪我をして出血したときなど、

血液を凝固させるときに必要な成分となります。

 

疲労回復ビタミンと呼ばれるビタミンB群も豊富。

ビタミンB2は 納豆1パック(50g)で

一日の所要量の約20%が摂取できます。

 

■ナットウキナーゼ

納豆はすべての食品のなかで唯一、

血栓を溶かす力を持った食品です。

脳梗塞や心筋梗塞を予防する効果は絶大です。

ナットウキナーゼは納豆菌によって作られる

納豆独自の酵素で、納豆のネバネバに含まれますが

熱に弱いためあまり加熱せずに食べてください。

 

 

納豆はほかにも、腸内環境の改善、

殺菌作用機能など様々な効果を持っています。

匂いを抑えた納豆やひきわり納豆など、

食べやすいものも売っています。

家族みんなが暑い夏を乗り切るために、

ぜひ、毎日の食事に納豆を取り入れてみてください。

 

わら納豆おいしいですよ!

 

タイトルとURLをコピーしました